受験を独学で勉強する方法まとめ

独学での勉強方法がわからない、そんな高校生や受験生も多いハズ。この記事では、私が実際に独学で東大に受かった勉強方法について解説します。ここでは、いくつかのステップについて解説します。


・信頼できる参考書を探す
まずは自分の師となりうる参考書を探します。特に独学の場合、わからないところを気軽に聞ける先生がいません。その場合、頼りになるのは参考書だけです。なので、参考書選びはとことんこだわるべきです。最もいい方法は、お気に入りの著者を見つけることです。著者と同じ思考回路をあなたの頭に形成するイメージです。


・その参考書をぼろぼろになるまで使い倒す
参考書は一度に2つも3つもいりません。これと決めたものをただひたすら繰り返して自分の血肉にしましょう。目安としては、同じ問題が出てきたらソラで回答が瞬時に思い浮かぶまでやり込みます。そうして自分の中に回答例がストックされていけば、応用問題にぶち当たったときでもそれの組み合わせで解ける問題が多いです。


・コツはペンをもたず、机に向かわず流し読み
参考書を何度もやるためには、効率良くやらねばなりません。一回一回ペンと紙で問題を説いていたら、時間が足りません。最初は、小説を読むように問題文と解答例を流し読みして、理解を第一の目標にしましょう。はじめは問題や解説が理解できなくても、2周、3周と繰り返していく中で理解できるようになります。そして5周目くらいから問題に対する解答例を暗記していきましょう。10周も読むとほとんどの問題の解答がパッと出てくるようになるでしょう。


・最後は紙とペンでアウトプット練習
問題の解答を理解して暗記したとしても、実践練習がなければだめです。特に数学などは、計算力や速さといった要素も大きなウエイトを占めます。計算力は実際に計算を積んでいかないと身につかないので、スポ根魂で練習することが大切です。インプットだけでなく、アウトプット能力を最後に磨きましょう。

エマスリープ コアラマットレス 比較

Posted by ohmygahhhhh2