• ホーム
  • 若い時からの早漏予防で老化を遅らせることが出来ます

若い時からの早漏予防で老化を遅らせることが出来ます

2020年04月07日

早漏の原因には様々な要因が関与しています。ストレスの蓄積による緊張状態に置かれていることが多いのは、事実ですが性生活のあり方や加齢などの要因が大きく関与していることも珍しくありません。早漏の悩みに直面している男性は多く、なかには複合的に要因が重なることで綿製化していることもあるようです。性生活との関連で取り上げられることが多いのは、日本人男性の包茎の方の割合の高さにあります。一説によると日本人男性の70%は、なんらかの包茎をかかえていると試算されているほどです。逆に言えば年齢に関係なく男性であれば、だれでも早漏の問題に直面する可能性があると言うことです。そこで早漏を予防するための対策には何があるのか、検討してみましょう。

年令に関係なく早漏の原因になりやすいのが、ペニスが刺激に過敏な状態にあることです。とくに包茎の場合、性行為の時だけ包皮を暴露していると、平常時に比較して性的刺激を過剰に受けてしまうので、強い刺激が引き金となってわずかな時間で(しばしば1分以下)射精のコントロールを失うと言うのが典型的です。とはいっても包茎=早漏、と考えるのは必ずしも正確な考え方ではないようです。

日本人に限らず世界中の男性の多くは包茎になっていますが、包茎でも性行為に問題を抱えていないことも珍しくありません。つまり包茎が原因ではなく加齢により射精機能に障害をきたしている場合もあるようです。そもそも射精はインナーマッスルの収縮により噴出量は調整可能になっています。ところが廊下で筋力が衰えると、おもらしのように精液が漏出してしまう可能性もある訳です。また、誤った自慰行為になれてしまうことも、射精までの時間を短時間にし、早漏につながっていることも。

年齢に関係なく発生するリスクのある早漏の悩みは、射精を遅らせるトレーニングや、治療薬を服用することなどの対策で改善や予防することが可能です。射精を遅らせるトレーニング法の基本は、性器への刺激を加えて射精寸前まで行ってこらえると言うものです。圧迫法では射精寸前に本人かパートナーの手で10-20秒程度の時間圧迫して射精を抑えて、勃起の強度を弱めます。30秒ほど放置してから性行為などを再開しますが、練習すると9割以上で射精までの時間が長くなるなどの効果を期待できます。またプリリジーのようにタポキセチンを配合した早漏治療薬を服用することによっても改善を見込めます。