• ホーム
  • 容量を守ることがスーパーPフォースの副作用のリスクを下げること

容量を守ることがスーパーPフォースの副作用のリスクを下げること

2020年02月29日
夫婦と話している医者

スーパーPフォースには、勃起機能改善する成分であるジナルフィルと、早漏症状に効能を持つダボキセチンの両方を配合しています。性機能を低下させる症状を幅広くカバーしているので、性生活の満足度を大きく上げるメリットを有していますが、優れた効き目を有する反面副作用を初めとした使用上の注意事項が色々あります。スーパーPフォースを服用するに当たっての副作用や薬の飲み合わせに注意するべき生活習慣などについて検討しましょう。

スーパーPフォースの配合成分であるダボキセチンはセロトニンの神経細胞への取り込みを阻害し、結果的にセロトニンの作用を活性化する作用がありますが、自律神経に影響を与えるため頭痛や嘔吐・下痢などは出現する場合があります。また過去に服用した時に過敏症を発症した履歴をお持ちの方は、この薬に対してアレルギー体質の可能性があるので、服用を回避するか、事前に薬剤師などに相談することが必要です。

稀に重篤な病状に発展する可能性がある副作用は、高血圧や狭心症などの循環器系の基礎疾患を治療中の方や脂質異常症・糖尿病などの基礎疾患を有する方に出現する可能性が指摘されています。これは配合されているジルデナフィルが有する血管拡張作用が関係するとみられる副作用です。具体的にはジルデナフィルを服用すると陰茎周囲のみならず全身の血管を拡張する作用にすぐれているので、急激な血圧低下を招き、不整脈や心不全を発症する可能性があります。とくに血圧降下作用を持つ治療薬を服用中は、スーパーPフォースの服用は慎重な姿勢で臨むべきです。

心臓などの起訴疾患と関連して注意をはらうべきなのは、薬剤の相互作用、つまりいわゆる薬の御見合わせです。狭心症などの治療で処方される硝酸塩製剤は、急激な血圧低下につながるリスクが高いので、併用禁忌薬に指定されています。他にも抗真菌薬の一部・エリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質などがあるので持病治療の為に薬を服用中の方は、主治医などに確認を取ることが必要です。

さらに食生活においては、グレープフルーツジュースなどとの併用も、避けるべきとされています。それはグレープフルーツに含まれる成分にジルデナフィルの排出を抑制する作用があり、効果が強く表れるリスクがたかまるからです。スーパーPフォースの副作用のリスクを下げるには、規定量を順守して服用するのはもちろんのこと、基礎疾患を抱えている場合は事前に医師などに相談することがポイントです。